さだまさしチャリティーコンサート2020のご報告

公益財団法人 風に立つライオン基金Presents 新型コロナウイルス感染防止対策・令和2年7月豪雨緊急支援『さだまさしチャリティーコンサート2020』を、8月17日(月)に、府中の森芸術劇場で実施いたしました。

ギリギリまで名古屋国際会議場センチュリーホールで有観客での開催を目指しましたが、新型コロナウイルス感染拡大によるお客様や関係者の安全・健康を第一に考え、無観客での開催とさせていただきました。
改めて、会場公演を楽しみにお待ちいただいていた皆様には、心よりお詫びを申し上げます。

初めての試みではありましたが、有料配信でご視聴・ご支援くださった多くの皆様に篤く御礼申し上げます。
コンサートの収益は、新型コロナウイルス感染症対策及び令和2年7月災害支援の活動に活用させていただきます。

  • 『今夜も生でさだまさし』の音響効果・住吉昇さんが拍手や笑い声を演出してくださったおかげで、満場の客席に向かっているような錯覚を覚えるほどでした。

新型コロナウイルスはようやくピークを過ぎたようにも見えますが、感染者数は高い水準で小康状態となっているようですし、重症者数は少し遅れて増加します。まだまだ気を許せる状況ではありません。
また、9月もしばらくは暑さが続きそうですので、熱中症にもお気をつけください。

医療・福祉機関をはじめとする新型コロナウイルス感染症で欠かせない活動を行っている皆様へ深く敬意を表すとともに、避難所などで不自由な暮らしを強いられているみなさまに心よりお見舞いを申し上げます。
1日も早く安心して笑顔で暮らせる日常が戻ることを祈念いたします。