H1テキスト

キービジュアル

お知らせ

  • 最新情報
  • 「富士通レディース2021」チャリティのご報告

「富士通レディース2021」チャリティのご報告

2021年10月15日(金)〜17日(日)に、千葉市にある東急セブンハンドレッドクラブにおいて日本女子プロゴルフ協会公認のトーナメント「富士通レディース2021」が開催されました。

大会を通じて収益金の一部を、富士通株式会社様より新型コロナウイルス感染症対策支援のための資金としてご寄付いただけることとなり、17日の表彰式に理事長古竹孝一と理事佐田繁理が伺いました。

大会最終日は残念ながら雨で中止となり、短縮競技による賞金減額分も一般社団法人 日本女子プロゴルフ協会様より一部ご寄付をいただくこととなりました。

視聴者によるクイズでのチャリティ 400万円

短縮競技による賞金減額分     1,500万円

ご寄付合計額           1,900万円

富士通株式会社の時田隆仁社長からご寄付の目録をいただき、風に立つライオン基金から感謝状をお渡しいたしました。

最終日が雨で中止となり、選手の皆様は悔しい想いをされたことと存じますが、多大なご支援をいただき、身の引き締まる思いです。

富士通株式会社様、一般社団法人 日本女子プロゴルフ協会様はじめ、選手の皆様、大会関係者の皆様に改めて厚く御礼申し上げます。

皆様のご厚意を大切にお預かりし、必要な支援にしっかりと届けてまいります。