エントリー校公開中!
同じ「志」を持った高校生の交流会

高校生
VOLUNTEER AWARD
2022

エントリー校 一覧
  • 千葉県 No.119

    千葉県立八千代高等学校
    図書委員会

    本の世界に誘い込め 広げよう本の輪を

    生徒と先生のおすすめ本を冊子として発行し、その後書店とタイアップしたブックフェアに冊子やブックカバーを提供したり、近隣の公共図書館と連携し推薦本のPOP作成と展示をおこなった。全校生徒にアンケートを実施し、それに基づいた図書館の環境整備も行っている。図書だよりは、自分達で企画・編集・発行全てを担い学校のHPにも掲載中。地域交流一環の朗読劇は、幅広い世代と本を通じて繋がりを持つことができた。

    [活動分野]

    • 社会奉仕
    • 児童福祉

    [SDGs]

    • 3. 健康・福祉
    • 4. 教育
    • 11. まちづくり
  • 兵庫県 No.120

    兵庫県立宝塚北高等学校・三田学園高等学校・須磨学園高等学校
    ブックファームガーデン

    どんな花にも「華」がある
    ~いけばな文化の継承とロスフラワーの削減~

    私たちの活動目標は、①「いけばな」という古き良き伝統文化を私たち若い世代で継承すること②地域の人々と地域の花々をつなぐお手伝いをすること③「自然の花を生かす」いけなばの発想でロスフラワーを活用すること。具体的には、地域の人々の集まる図書館に1年を通じていけばなを展示。活動の中で、北神地域の特産花や、近年話題のロスフラワーを取り入れることで、地域産業やフラワーロス問題にも目を向けている。(※幼児~大学生までのボランティア団体です)

    [活動分野]

    • 地域おこし
    • 社会奉仕

    [SDGs]

    • 3. 健康・福祉
    • 11. まちづくり
  • 群馬県 No.121

    ぐんま国際アカデミー前橋市立前橋高等学校・東京農業大学第二高等学校
    3G(Gather Glocal Generations) Lab in Gunma

    「#群馬帝国革命」 群馬の下剋上に刮目せよ”Think Globally, act locally!"

    日本一消滅の可能性が高い村として有名な群馬南牧村の村おこしをしたいと考え、村の喫茶店もくもくの店長の鰐淵さん(元JICA隊員)、地域おこし協力隊の外国人テオさんにインタビュー調査をした。観光客集めの経済的ニーズではなく、現地の子供たちの村以外の交流であった。その解決策として、私たちは村の英会話教室に参加し交流とサポートを行った。私たちの活動は地域に聞き、グローバルに解決案を見つけようと考えた。週一回、ズームで会議を行い、各自活動の意見交換や今後の解決案実施について考える。

    [活動分野]

    • 地域おこし

    [SDGs]

    • 11. まちづくり
  • 岩手県 No.122

    岩手県立久慈高等学校
    高校生まちおこし団体INSPIRE

    高校生でまちに彩を

    主な活動は、設立初代メンバーから続けている「まちこえ(商店街で月一回ラジオ放送を行う)」のほか、六代目となる現在の三年生は、写真撮影スポットを作り来場者と交流する事業「キラキラ大作戦(映えスポットを作り交流、併せてゴミ拾いで美化を呼びかけ)」、ソーシャルビジネスに取り組む他校の生徒との交流会、コロナ禍による制限で高校生活で体験できなかった事・葛藤・不安・願いなどをみんなと共有し、思いをしたためたリボンで三陸鉄道の装飾を行う「リボンプロジェクト」で話題作りを行った。

    [活動分野]

    • 地域おこし
    • 社会奉仕

    [SDGs]

    • 11. まちづくり
  • 群馬県 No.123

    学校法人太田国際学園ぐんま国際アカデミー中高等部
    #yellowforthefuture プロジェクトチーム

    #yellowforthefuture
    未来を照らすレモネード

    活動目的は、小児がんの治療発展のために、支援が必要なことを知ってもらうこと、募金活動を行い金銭的な寄付をすること。中高生だけでは声が届かない人からも活動に関心を持ってもらえるよう、プロバスケットボールチーム群馬クレインサンダーズや企業の協力を得て、月に1,2回ホームゲームの時にレモネードスタンドを開催している。集まった寄付金は諸経費を除きJCCGへ全額寄付している。

    [活動分野]

    • 社会奉仕
    • 児童福祉

    [SDGs]

    • 3. 健康・福祉
  • 東京都 No.124

    東京学芸大学附属国際中等教育学校
    ソーシャルアクションチーム

    中高生によるソーシャルグッドの可能性
    〜地域活性化・森林保全・寄付啓発・途上国支援〜

    「中高生が参画しやすい社会を創るために、中高生のモデルとなる」というミッションのもと、行政と連携した練馬区のPR動画や観光マップを作成中。今後は中高生によるツアーなども計画している。山梨県小菅村では、観光客向けに道の駅の新商品開発に取り組んでいる。また昨年度作成した木糸ハンカチは今年度オンライン販売を開始。さらに子ども向け寄付啓発を目的として作成した寄付の絵本は、日本語版・英語版に加えて、韓国語・中国語・タイ語・フランス語・ポーランド語の5カ国語版に翻訳し、読み聞かせ動画の配信も検討している。

    [活動分野]

    • 地域おこし
    • 社会奉仕
    • 児童福祉

    [SDGs]

    • 4. 教育
    • 11. まちづくり
  • 岡山県 No.125

    山陽学園高等学校
    地歴部

    『シビック・テック』を活用した海洋ごみ問題解決への挑戦~「SDGs×ICT」による市民協働意識の醸成~

    海洋ごみ問題の解決に向けて、ごみの回収活動と発生抑制の啓発活動に取り組んできた。意識や行動変容の入口のハードルを下げるため、オリジナルアプリを開発して、市民が普段の通勤通学・散歩中に道路等のごみを調査や回収をして、ごみの種類・個数・場所・写真をスマホからデータ送信してもらい、ごみのホットスポット等の蓄積データとして、行政・企業と共有し、解決への糸口としている。

    [活動分野]

    • 環境保全
    • ゴミ問題
    • 社会奉仕

    [SDGs]

    • 4. 教育
    • 11. まちづくり
    • 14. 海洋資源の保全
    • 15. 生態系の保全
  • 神奈川県 No.126

    慶應義塾湘南藤沢高等部
    環境プロジェクト

    多岐にわたる分野での貢献を目指すSFC環境プロジェクト

    高校生環境連盟・コミュニティー・教育デザイン・企業連携・たべものの5班に分かれ、住んでいる地域や年齢に囚われることなく、行動を起こすきっかけを生み出してきた環境プロジェクト。全国の高校生や企業との話し合いの場である高校生環境フォーラムの主催、学校周辺地域の人々とのフィールドワーク、小学生への出前授業、そしてプロの視点を知るため企業とのミーティングを行った。今後は、学校や国という枠を超えた発信・連携をしたい。

    [活動分野]

    • 環境保全
    • 地域おこし
    • 社会奉仕
    • 児童福祉

    [SDGs]

    • 3. 健康・福祉
    • 4. 教育
    • 11. まちづくり
    • 17. パートナーシップの活性化
  • 岡山県 No.127

    岡山県立矢掛高等学校
    YKG地域連携隊

    通学路をキレイにしたい!

    「通学路を綺麗にし、気持ちよく学校に行きたい」を目標として活動。小中高生で川の土手沿いのゴミ拾いを実施。ゴミの分別や捨てる場所、袋については地域によって違うので高校生らが役場に行き、細かく教えていただいた。そして、小中高生で反省や次回のゴミ拾いではどうするかを話し合った。今後は、ゴミを捨てられないための方法や、ゴミ自体を減らすための方法を考えつつ、通学路のゴミ拾いの活動に取り組む予定。

    [活動分野]

    • 環境保全
    • ゴミ問題
    • 社会奉仕

    [SDGs]

    • 6. 水と衛生
    • 11. まちづくり
  1. トップページ
  2. エントリー校一覧