高校生
VOLUNTEER AWARD
2016 高校生ボランティア・アワード
大会サマリー

  • 8.15 [MON]
  • 16 [TUE]

はじめに

  • 『青春時代』とは少年時代に自分の心に芽生えた「志」を大きく育て、或いは耕し、また広く活かす季節のことです。「スポーツ愛」も素晴らしいし「恋」もまた素晴らしい。しかし、誰もが「誰かの役に立ちたい」と思っていても、それに向かって一歩踏み出す「志」や「勇気」はなかなか出てこないものです。
    私たち『風に立つライオン基金』はそういう青春たちの温かい「志」や「勇気」を応援します。そしてこの国の遙か未来の、ささやかな幸せに向かって同じ希望を抱き、育みたいと心から願います。

    「誰かの幸せのために」「誰かの役に立ちたい」と戦う君たちは美しいです! 私たちは、君たちの切ない努力や地道な活動を支援し、心から讃えます。 一緒に未来に向かいましょう!
  • 公益財団法人 風に立つライオン基金
    設立者・理事 さだまさし

DAY 1

開会式 & 発表大会

8.15 [MON]
2日間にわたり、國學院大學渋谷キャンパスで開催された「高校生ボランティア・アワード2016」。
1日目は学術メディアセンター1Fの常盤松ホールで、発表大会参加校の中から代表24校の発表が行われました(当初25校の発表予定でしたが、宮城県名取北高等学校が事情により欠席だったため)。司会の寺岡のぞみさんと、特別応援団のテツandトモのお二人が緊張気味の生徒たちをサポートしてくださり、素晴らしい発表会になりました。発表予定のない学校の生徒も見学に訪れ、熱心に発表に聞き入っていました。
また、入り口ロビーに来場できなかった学校の展示発表もあり、日頃の活動を大いにアピールしていただけたと思います。発表大会終了後は、会場をキャンパス内のカフェテラスに移し交流会を行いました。ここでもテツandトモさんが大活躍。他校の生徒たちとの交流の輪も広がってアットホームな雰囲気に包まれていました。
DAY 2

シンポジウム & 閉会式

8.16 [TUE]
大会2日目は百周年記念館に場所を移し、シンポジウムと表彰式を行いました。国境なき医師団日本会長の加藤寛幸先生、車椅子バスケットボールの元日本代表の増子恵美先生、財団の評議員でもある諏訪中央病院名誉院長の鎌田實先生による基調講演からスタート。お三方のお話を生徒真剣に聞き入る生徒たち。シンポジウムでは先生方が思わずたじろぐような質問もあり、意義深い講演会になりました。
表彰式では財団の設立者であるさだまさしが登場。若旦那さん、ももいろクローバーZの皆さんもプレゼンターとして登壇し、賞状や記念品の授与が行われました。そして、サプライズライヴへと続いて会場は大盛り上がり。最後にこの基金のシンボルとも言える「風に立つライオン」をさだまさしが歌うと、エンディングのアメイジング・グレイスは会場一体となって大合唱となりました。
過去のボランティア・アワード VOLUNTEER AWARD 2016-2019