「富士通レディース2020」ご報告

2020年10月16日(金)〜18日(日)に、千葉市にある東急セブンハンドレッドクラブにおいて日本女子プロゴルフ協会公認のトーナメント「富士通レディース2020」が開催されました。
大会を通じて、収益金の一部を当財団の「新型コロナ感染症対策緊急基金」のための資金としてご寄付いただけることとなり、18日の表彰式に理事長の古竹孝一と理事の佐田繁理が伺いました。
富士通株式会社の時田隆仁社長からご寄付の目録をいただき、財団からは感謝状をお渡しいたしました。
また、電話でさだまさしからも時田社長に御礼をお伝えすることができました。
インターネットのチャリティ販売が今月いっぱい継続中とのことですが、大変多くのご寄付が集まっているとのこと。誠にありがたく、身の引き締まる思いです。
富士通株式会社様をはじめ、選手の皆様、大会関係者の皆様に改めて厚く御礼申し上げます。
皆様のご厚意を胸に刻み、今後共、新型コロナウイルス感染症対策に尽力してまいります。

 

時田社長からご寄付の目録を受け取る理事長・古竹。

 

時田社長に感謝状を贈呈いたしました。

 

見事優勝を飾った申ジエ選手と。

 

今回もご尽力いただいた当財団の戸張捷評議員を含め、大会関係者の皆様と記念撮影。