新型コロナウィルス感染症への対応

先日、お知らせいたしましたように、風に立つライオン基金は全国の医療現場や福祉施設への支援を準備しています。

評議員の鎌田實先生、ジャパンハートの森徳郎先生、同じく百瀬雄太先生、新興再興感染症の専門家の鎌田一宏先生、鎌田實先生のお弟子さんで現在フリーランスで活動されている奥知久先生方と協議を重ね、医療用のガウン、サージカルマスク、KN95マスクなどを発注し、物資の送付先を選定しています。
医療物資は届き次第、発送してまいります。
具体的なお届け先や数量などは改めてまとめてご報告させていただきます。

また本日、毎日新聞に鎌田先生が連載されているコラムでも、当財団の活動について書いていただいていますので、併せてごらんください。

なお、サージカルマスクにつきましては、女優の東ちづるさんが代表を務める「一般社団法人Get in touch」が福祉施設にマスクを届ける活動をされており、調達するルートがあるということで3万枚を当財団で買い取り、1万枚を「Get in touch」に寄付させていただくことにいたしました。
そちらの情報も、また改めてご報告させていただきます。

長い闘いになることは間違いありません。
私たちと一緒に闘っていきましょう。
皆さんお一人お一人の体の健康、そして心の健康を心よりお祈りいたします。

スタッフ一同

2020年5月3日 毎日新聞より

最新の投稿