風の団 第2回ボランティア講座 参加者募集のお知らせ

風の団として被災地でのボランティア活動を行っていただくにあたり、最低限の予備知識や活動にあたっての心構えなどを養っていただくための養成講座、第2回目開催・募集のお知らせです。
東日本大震災以来、全国各地の被災地で活動しているNPO法人“BOND&JUSTICE”の代表 大𡈽雅宏さんを講師にお呼びして講座を開催いたします。

風の団 第2回ボランティア講座 参加者募集

日 時:2018年2月24日(土)14:00~16:00
会 場:JR浜松町周辺(ご参加の方に追ってお知らせいたします)
講 師:東北関東大震災支援隊本部“BOND&JUSTICE”(ボンドアンドジャスティス)
代表 大𡈽雅宏
受講資格:風の奉仕団・専門団・会のメンバーの皆さまに限らせていただきます
お申込み:下記メールアドレスに、お名前、所属(奉仕団・専門団・会)、会員ナンバー、
「2/24ボランティア講座参加」と明記の上お送りください。
member@lion.or.jp

定員:50名
締切:お申し込みが定員に達し次第、受付終了とさせていただきます。
担当:事務局 成瀬 早野

⇒ 次回ボランティア講座は2018年3月17日(土)(東京)にて開催予定
【講座内容は毎回変わります】
※第3回講座の受付は2月中旬頃にお知らせいたします

講座受講後、一定の実習を体験した上で、風に立つライオン基金の被災地支援活動メンバーとして活動していただく計画です。
※現地実習2018年4月以降予定(ボランティア講座を受講いただいた方に別途ご案内させていただきます)

~~ 第1回ボランティア講座参加メンバーからお寄せいただいた感想を抜粋してご紹介させていただきます ~~

■「被災地へボランティアに向かう心の持ちようについて千葉さんが順序良く説明して
 くださったので“ライオンカフェ”の位置づけがよくわかりました」

■「自分に何ができるだろうかということで躊躇するよりも、まずは現場に行ってみて
 現場の状況を知ることが大事なんだなと千葉さんのお話を伺って思いました。
 現場のことを知れば、自ずと何ができるだろうか、これなら自分も役に立てそうだと
 いろんなことに気付くのではないかと思いました。災害時だけでなく平常時の家族や
 地域の繋がりの大切さ、ボランティアとしての立ち位置など、教えて頂き大変勉強に
 なりました」

■「ボランティア活動の方向性・基本的なスタンスを知ることができ、安心しました。
 自分に出来ることは何か、求められることに応えられるか等、一抹の不安と期待を
 抱いていたことも講座の話を聞きながら納得できました」

■「皆さんの多くが感じていらしたと思いますが、励まされ、今の自分にも何か出来るかも
 知れないと言う希望を頂きました。」

■「いざというときに活きる関係づくりをしていれば怖くない、ただ準備をしていなければ、
 日常を取り戻すのに時間や労力がさらに多く必要だと思います。日本全国、できれば
 海外までネットワークができれば、、まずは日本から。そんな風潮づくりも大切だと感じました。
 元通りに戻ることは難しい事もたくさんありますが、近づけるよう、穏やかな時間が過ごせれば。
 かみつかないライオンになりきれるよう、この指止まれで一緒に活動させて頂きたいと思います」

ご感想をお寄せいただいたた皆さま、ありがとうございました。
ご都合のつく会員の皆さまは、是非ご参加いただけますようお願い申し上げます。