第3回ボランティア講座開催

3月17日、東京・新橋の貸し会議室で「第3回ボランティア講座」を開催しました。
前回に引き続き、大圡雅宏さんを講師にお迎えしましたが、3回目ということでグループワークも含めて、予め自己紹介シートを提出していただいて団の皆さん相互のコミュニケーションをとっていただく機会を設けました。

 前半、大圡さんの講義では被災現場で何が大切かを具体的に解説。
 まず、ライフラインの確認、そして鮮度の良い情報がなにより大事ということ。
 つまり、現場で必要なことを早く確認して必要な物資を如何に集めるかということ。
 支援する立場としては、物資を送る時に注意することなどを具体的にご教示くださいました。

  
『BOND&JUSTICE』の活動紹介写真をご用意くださいました

グループワークでは「自身の震災体験、震災への備え」や「自分のした支援、できる支援」についてのアンケートに記入して、グループ毎に代表者に発表をしていただきました。実際被災してご苦労された方のお話や、病院勤務の看護師の方は、現場でどのような問題がありどのように対応されたかというエピソードを伝えてくださったり、いろいろな体験やご意見を伺うことができ、前2回とはまた違う充実した時間になったと思います。

  

実施日はまだ未定ですが、新年度は石巻での研修・実習も予定しています。
一歩ずつですが、「風の団」としてしっかり活動できる態勢作りをしていきたいと思います。