平成30年7月豪雨災害/支援活動報告7

台風21号による災害、北海道胆振東部地震と立て続けに大災害に襲われている日本列島ですが、西日本豪雨災害からもまだ2ヶ月余り。被災地ではまだまだ復旧・復興の途上です。
風に立つライオン基金は、災害が直後から泥の掻き出しや炊き出し支援をしているBOND&JUSTICEと共に、昨日(9月8日)本日と、岡山県総社市へ伺い、市役所の職員の方と今後の支援について話し合いました。
避難所や仮設住宅で暮らす方々を招いての支援コンサートなども計画しており、その打ち合わせも含めて現地の視察も行いました。

総社市役所の敷地内にある支援物資配布所では、日曜日ということもあり高校生のボランティアたちが一所懸命働いていました。ちなみに、総社市からは今回の支援の恩返しもあり、北海道に支援物資として毛布1000枚を発送したそうです。