大分へ行ってきました

GW連休明けの5月9日、大分県竹田市と由布市に、さだまさしと大分出身の南こうせつさん、石巻「明友館」の千葉氏と財団のメンバー数名で伺いました。

竹田市は、熊本地震で甚大な被災を受けた熊本県南阿蘇村を支援する「南阿蘇村支援ボランティア竹田ベースキャンプ」を運営され、ボランティアの拠点となっています。

「熊本地震のボランティア拠点となってくださっている竹田を応援したい」というさだの思いから、長崎カステラと義援金100万円を首藤勝次(しゅとうかつじ)市長に渡し、市長からは「ありがとうございます。『竹田ベースキャンプ』の運営に活かします」と力強いお言葉をいただきました。

その後、ひどい霧のため高速道路の一部が通行止めになる中、山道をひたすら走って由布市へ。

南こうせつさんも大阪から駆け付けてくださり(航空機トラブルで予定の便が欠航になり、竹田市には間に合わなかったのです)由布院駅で合流し、一緒に市庁舎を訪れました。

由布市は大分の中でも特に被害の大きかった町で、営業できなくなっている旅館も多くありますが、逆に営業を再開しているのに観光客離れの問題がより深刻です。

観光施設のPR費用として役立てていただこうと義援金300万円をお渡しすると、首藤奉文(しゅとうほうぶん)市長は「観光産業が打撃を受けて苦しいときに来ていただき、市民も元気になる」と喜んでくださいました。さだが「まずは『元気ですか』『無事ですか』と確認しに来たかったんです」と話せば、南こうせつさんは「復興が進み、被災地に心の栄養が必要となったとき、2人で歌を届けに来たい」と約束されました。一日も早くそんな日が訪れることを祈ります。

最後に、千葉さんのご案内で別府市にある「立命館アジア太平洋大学」へ。こちらの学生有志が東日本大震災の時にボランティア活動で石巻を訪れた時に千葉さんと知り合い、OBとなった今でも交流が続いているのだそうです。現在の在学生たちと一緒に熊本地震のボランティア活動に取り組もうという話があり、いい機会なので会いに行きました。今後、財団としても彼らを支援していきながら、将来的に「風に立つライオン奉仕団」の団員になってくれることを期待しています。