北海道胆振東部地震/支援活動報告

北海道胆振東部地震発生から一週間経った9月13日(木)、大きな被害が出たむかわ町、厚真町、安平町にさだまさしがお見舞いに伺いました。
この前日、直前まで開催するかどうか悩んだ末、少しでも元気を出してもらいたいと電源車を使って札幌でコンサートを開いたさだまさし。すでにBOND&JUSTICEの大土氏の後輩の方々が数日前からむかわ町で炊き出しをしていると伺ったので、その激励も兼ねて駆け付けました。
 

  • 避難所になっている
    道の駅むかわ四季の館を訪問

  • 支援物資を運び込み

  • むかわ町で炊き出しをしていた
    千歳第7師団の皆さんと

  • 地震発生当日からむかわ町の避難所で炊き出しを行っている清水町の山口幸雄さん。全国の被災地を訪れ、40年以上にわたってボランティアを続けてきたのだとか

  • 厚真町ボランティアセンターにて

  • 厚真町ボランティアセンターで
    ボランティアの方々と  

  • 安平町ボランティアセンターで日本ハムのスポーツ・コミュニティ・オフィサーの稲葉篤紀さん、日本ハムOBの建山義紀さんと遭遇

  • 安平町ボランティアセンターで
    炊き出しのお手伝い  

  • アレルギーの問題があるので、
    原材料の表記は大切  

 

全道での停電は解消されたものの電力の問題は以前残っていますし、水道はまだ復旧しきれていません。液状化した地域、大規模な土砂崩れがあった厚真町では相当の時間と労力が必要になるでしょう。
引き続きできる支援を続けていきたいと思います。
いつも同じことしか言えませんが、一日も早く平穏な生活が戻ってくることを心よりお祈りします。